ヒマーズが行く! 秋の信州食って飲んでべーの旅 

e0254331_16242624.jpg
何かと理由をつけては、ちょいちょいお邪魔している藤岡の奥多野さん。
暑気払い、忘年会、結婚祝い、ワインの会、日本酒の会・・・
そんな集合がかかると、ほぼ完璧に近い出席率で参加しているのが・・・
ちょめこエメちゃん、そして私。
いつしかその三人は、こう呼ばれるようになりました。

「ザ・ヒマーズ」

決していつも暇なわけではなく・・・
時間のやりくり上手と言ってください。
そんな三人で夜ばかりではなく、たまには休日の昼間を楽しもう!
ってことで、13日の日曜日は信州・上田界隈へドライブ。
プランニングと運転手は私。
その内容は・・・もちろん、こんなことになります。
やはり「食」がメインになりますが、歴史や文化、人の優しさにも触れて。



e0254331_16251929.jpg
e0254331_16253638.jpg
まずは佐久ICで下りて、朝ごパン。
今年の二月以来のBAKERY TETE
お昼には品薄になりかねない人気店、到着したのは、もちろん開店の9:00ジャストです。
相変わらずオシャレな陳列の中から、カレーパンとクリームパンを買い込んで次の目的地への車内でモグモグ。
当然、狭い空間はカレー臭とパンの素敵な香りに包まれます♪


e0254331_16263899.jpg
e0254331_16265296.jpg
e0254331_1627896.jpg
e0254331_16272692.jpg
e0254331_16274381.jpg
そして、きちんとモーニング。
TETEさんから、わずか30分しか経っていませんが、それがな・に・か?
信州での旅の途中に寄るのは、もちろん望月のYUSHI CAFE
そして、それが早い時間であれば、頼むのはもちろんモーニングサービスです。
「天保堂ブレンド珈琲」と「南部小麦のトースト」のセットを三つ。
トーストのトッピングには「地鶏たまご」、「なたね油と藻塩」、「はちみつ」を選んで三人でシェア。
どれも甲乙つけがたい味わいですが、私のイチオシは「なたね油と藻塩」。
なたね油の香ばしさとコクと旨み・・・ちょっと目からウロコの逸品です。


e0254331_16282531.jpg
e0254331_16284186.jpg
e0254331_16285749.jpg
e0254331_16291628.jpg
秋の風情のYUSHI CAFEでまったりした朝を堪能したら、いよいよ上田へ。
御牧ヶ原を越え、千曲川を渡り、海野宿を走り、しなの鉄道と並走・・・
決して飽きることのない東信濃の景色を楽しんでいるうちに、あっという間に到着です。
ちょめこのリクエストでもあった次の目的地は、雑貨とベーカリーの店haluta
北国街道沿いに佇むhaluta TOKIDAは、数年前まで紙店が営業していた築200年の建物。
中心市街地ながら、人通りの少ない場所にひっそりと佇んでいます。
パンや焼き菓子の並ぶショーケースに、イートイン可能なカフェスペース。
通りに面した南側には、食器や洋服、生活雑貨が所狭しと並んでいます。
軽井沢店同様、ニッポンの旧家を改装しながらも、どこか北欧の雰囲気漂う一軒。
すぐ近くのhaluta packing caseにも立ち寄れば、そこにはiittalaのグラス、ARABIAのパラティッシなどがたくさん。
北欧のテーブルウェアファンには、まさに宝の山の品揃えです。


e0254331_16295587.jpg
e0254331_16301238.jpg
さて、お昼。
大した運動もしていませんが、お昼はお昼ですので仕方がありません。
開店の11:30に合わせて向かったのは、もはや上田名物でもあるあんかけ焼きそばの名店。
昨年の一月以来の福昇亭の暖簾をくぐります。
エメちゃんは、五目焼きそば(並)。
ちょめこは、五目焼きそば(小)+ワンタン。
そして私は、お約束の五目焼きそば(大)。
カラシ酢をクルッとかけて、久々にいただけば・・・うーん、やっぱこれだね♪
二人もその美味しさに大満足のようでした。


e0254331_16304128.jpg
e0254331_16305830.jpg
e0254331_1631205.jpg
上田に来たなら、寄らずにいられないのが城下町の風情を今に残す北国街道・柳町。
去年の二月以来のルヴァンでお土産に選んだのは「カンパーニュ317」。
こちらのフラッグシップであるこの逸品、“This is 日本のカンパーニュ”と言っても過言ではないでしょう。


e0254331_16314673.jpg
e0254331_1632546.jpg
“歴男”で真田ファンでもあるエメちゃんが一緒であれば、やはり上田城はスルーできず。
紅葉まつり最終日でもあったこの日、城跡内は大変な賑わい。
エメちゃんいわく・・・
“大阪冬・夏の陣での活躍では「日本一の兵」と称される真田の赤備え。徳川氏が作った歴史的には敗者ため、あまり表には出ませんが、六文銭が城内に翻る姿が紅葉よりも鮮やかに見えるのは真田太平記を読んだ後だけに仕方ないのです・・・^^”

うーん、さすが造詣の深さが違います。^^


e0254331_16323613.jpg
e0254331_16325662.jpg
e0254331_16331490.jpg
秋の日は釣瓶落とし。
帰途に就きつつ、日が暮れる前に向かったのは、東御市のRue de Vin
かつて奥多野でご一緒させてもらったこともある醸造家・小山英明さんのワイナリーです。
遠く八ヶ岳を望む、日当たりのよい南斜面に広がる葡萄畑。
ワイナリーには青を基調としたオシャレなカフェも併設されています。
エメちゃんとちょめこは、それぞれシードルとシャルドネをグラスで。
私はコーヒーをいただき、しばしまったり。
他のお客さんが引けたところで、小山さんにはワイナリーの中まで案内していただきました。
小さなワイナリーながらも、ワインにかけるその情熱は熱く理想は高く・・・
この東御の地から一本の大きな“ワイン通り”が延びることを私も夢見たいと思います。


e0254331_16333741.jpg
e0254331_16335543.jpg
とっぷり日の暮れた信濃路、最後に寄ったのは軽井沢のNatural Cafeína
今年六月以来のマスターと久々の挨拶を交わしたら、ゆったりとしたソファー席に。
既に冬の寒さの軽井沢、本場サンパウロ仕込みのマッキアートでほっとひと息。
深く濃い珈琲の香りが一日の疲れを癒してくれます。


e0254331_16341644.jpg
気の置けない三人で楽しく過ごした秋の一日。
群馬に戻り、夜はあたりまえのように奥多野さんでまた一杯♪
やっぱり暇なだけなのかも?^^;
[PR]
by sanzokuame2 | 2011-11-19 18:07 | 食してナンボ


<< おおたイルミネーション2011 初冬の高崎夜景 >>