春、惜別の屋代線

e0254331_21393811.jpg
綿内駅


平成24年3月31日。
長野県の千曲市屋代と須坂市を結ぶ長野電鉄屋代線が運行最後の日を迎えました。
路線距離24.4kmの屋代線は、大正11年に前身の河東線として開通。
生糸や石炭などを積んだ貨物列車が多く走ったほか、志賀高原のスキー場などに向かう観光客らの足となりました。
かつては国鉄の急行列車も上野駅から乗り入れ、ピーク時には年330万人が利用しましたが、近年は40万人台にまで落ち込み。
経営の悪化を理由に廃線を余儀なくされ、90年の歴史に幕を下ろしました。
31日、早朝から沿線各駅に集まっていたのは、地元の人たちや多くの鉄道ファン。
折りしも降り出したのは、惜別の涙雨。
古びた木造駅舎、マッコウクジラ、ゆけむり、硬券切符・・・
ひとつでも多く記録と記憶に留めようと、シャッターを切り続けました。

ありがとう屋代線 さよなら屋代線



e0254331_2140819.jpg
大室駅


e0254331_21403198.jpg
大室駅


e0254331_21405425.jpg
大室-金井山


e0254331_21411879.jpg
信濃川田駅


e0254331_21414674.jpg
信濃川田駅


e0254331_21421660.jpg
信濃川田駅


e0254331_21424153.jpg
綿内駅


e0254331_214378.jpg
大室-信濃川田


e0254331_21433843.jpg
松代駅


e0254331_2144357.jpg
松代駅


e0254331_21443227.jpg
松代駅


e0254331_21445531.jpg
松代駅


e0254331_21453156.jpg
松代駅


e0254331_2146467.jpg
松代-金井山


e0254331_214629100.jpg
松代駅


e0254331_21465386.jpg
松代駅

[PR]
by sanzokuame2 | 2012-04-02 22:34 | プルーンとレバーの為せる業


<< わざわざ RE:OPEN 炭焼豚丼 豚野郎 >>