福カフェ オープン

e0254331_12232037.jpg
自衛隊新町駐屯地でブラックホークに萌えたあとは、一路高崎の中心部へ。
楽しみにしていたこの日のランチは、4/3(火)、連雀町にオープンしたばかりの「福カフェ」。
その名の通り、こちらは高崎駅東口にある福ベーグルの姉妹店です。
慈光通り沿いの元ロッテリア跡に「福カフェ」×本格イタリアン「Gru」としてオープン。
朝8時から17時までは福カフェ、18時からはGruが1つの店舗で運営をコラボする形態です。
広い店内の壁一面にはレンガが積まれ、ウッディーなテーブル席がゆったりと配置。
照明は程よく減光され、まるで地下倉庫のような隠れ家的な雰囲気が漂っています。
ランチメニューから選んだのは、スープとドリンクがついたベーグルサンドセット(680円)。
チーズハンバーグや生姜焼きなど、毎日数種類のサンドが用意されています。
ボリューム満点のチーズハンバーグサンドは、ソフトボール大の大きさ。
人の目など気にせず、お口アングリでいただくのが作法です。^^
ベーグルの美味しさは、もはや言うまでもなく、肉厚のハンバーグにチーズがトロリ♪
そして、ドリンクメニューにはトンビコーヒーによる福カフェオリジナルブレンドも。
ベーグルひとつと言えども、大満足のランチタイムになります。
かつてはBIBIや新星堂、マックで賑わった高崎のド真ん中。
元気な高崎復活の発信源的お店になっていただきたいものです。

福カフェ
高崎市連雀町71大手前ビル101
℡:027-395-4329
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-04-09 12:43 | 食してナンボ


<< 高崎'70散歩 神流のあかじゃがいも串 >>