三年目の青鬼

e0254331_052961.jpg
出発は5月19日(土)の21:00。
寝ずに向かったのは、長野県白馬村青鬼。
モルゲンロートの2010年梅雨空の2011年に続き、三年連続の青鬼行です。
代掻きが終わり、田植えがまだ行われていないこの週末こそが“水鏡”を撮れる唯一のチャンス。
一週間前からチェックしていた天気予報も晴れとあれば、万難を排してでも西へと向かいます。
わざわざさんに、青鬼の帰りに寄って、動楽市の荷物を事前に運んでおきましょうか?と連絡すると、
「うちも一緒に行っていいですか?」とのご返事。
「お!行きます?全然OKですよ。」と。
てことで、わざわざさんファミリーと“午前3時”に白馬岩岳のセブンイレブンに集合です。^^
早めに着いて、仮眠から目覚めると、隣にはわざわざさんちの車。
寝ぼけ眼で朝の挨拶をしたら、車で10分ほどの青鬼集落へ。
着いた駐車場には、すでに10台以上の写真愛好家の車。
長靴に履き替え、ヘッドライトを点けて棚田へと歩き出します。
まだ夜明け前ですが、紺色の空に微かに白く浮かび上がるのは今日の主役、北アの稜線。
空には一点の雲も見えず、これから刻々と姿を現すであろう絶景に期待が高まります。
星が消え、いよいよ空が白み始めた青鬼の山あい。
凪の田んぼに姿を落とすのは、鹿島槍ヶ岳から五竜岳、唐松岳、鑓ヶ岳、杓子岳の峰々。
揺れぬ鏡に天地の上下さえ判らなくなる美しさを眼前に、ただただ絶句するばかりでした。
わざわざ青鬼までご一緒くださったわざわざさんご一家も、その絶景を十分に堪能されていたようです。
そんな年に数日しか見られない絶景を前にいただいたのは、わざわざさんちの朝ごパン。
いやはや、これ以上贅沢なモーニングはないんじゃないかなぁ。
来年もぜひ、ご一緒にどうですか?^^



e0254331_064876.jpg
e0254331_063991.jpg
e0254331_063069.jpg
e0254331_062191.jpg
e0254331_061277.jpg
e0254331_06397.jpg
e0254331_055450.jpg
e0254331_05445.jpg

[PR]
by sanzokuame2 | 2012-05-23 00:21 | 彼方此方にて


<< ああ、麗しの大糸線 その1 ~... 第5回 動楽市 開催のお知らせ >>