はじめてのニコニコ亭

e0254331_034366.jpg
有名店なれど、なぜか巡り合わせの悪いお店があるものです。
やけに混んでたり、臨時休業だったり、営業時間に間に合わなかったり。
ぜひ一度と思いつつも、なかなかその暖簾をくぐれないお店。
こちらもそんなお店のひとつでした。
いまさら言うまでもない、渋川のソースカツ丼の名店・ニコニコ亭
一枚丼、二枚丼、三枚丼・・・と、何枚でも増やせるユニークなシステムでも知られています。
念願叶った初のニコニコ亭、とりもなおさずソースカツ丼から・・・
と思ったのですが、ソースカツ2枚にキャベツのついてくるソースカツ定食(580円+ライス大盛100円)を注文。
二枚丼の530円より50円高い設定ですが、キャベツのもたらす充実度に期待してみました。
やがて厨房からは肉をたたく音が聞こえ始め、しばらくして運ばれてきたのがこのショット。
マンガのようなテンコモリのどんぶり飯に、お麩とわかめの味噌汁、香の物。
そして、大ぶりのカツ2枚にはキャベツ+トマト+マヨネーズがついています。
まずは、この豪快な盛りにノックアウト。
男子の胃袋をギュッとつかんで離さない魅力がここにあります。
そして、実食。
タレは味醂醤油仕立て、カツは薄めのサクサク系に分類されます。
味付けは甘めに針が振れていますが、もちろん、ごはんがススムくん状態。
途中、カツにマヨネーズをつけて味の変化も楽しんだりして。
ある意味ジャンクなソースカツ、リピーターが多いのも納得の味わいでした。
今度は父ちゃん以上に食べ盛りのセガレを連れて来てあげよ。



e0254331_0345167.jpg

[PR]
by sanzokuame2 | 2012-06-13 00:44 | 食してナンボ


<< 夏はあけぼの MIKADOのすいかのショートケーキ >>