特急「そよかぜ」リバイバル

e0254331_11224584.jpg
新町-倉賀野

夏は臨時列車の季節。
7月15日(日)、上野~横川間を走ったのは、185系の「あまぎ色」を使用した特急「そよかぜ」。
「そよかぜ」は、かつて夏季の行楽シーズンにのみ上野~中軽井沢(一部上田まで)を結んでいた季節列車です。
同じ信越本線を定期運行していた特急「あさま」や特急「白山」を補完する役割でしたが、1997年8月、
長野新幹線の開業を前に廃止されました。
リバイバルとなった185系の先頭車には,現役時代にはなかった特製のヘッドマーク。
できることなら、もう一度189系の「あさま色」で走って欲しいところです。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-07-28 11:42 | プルーンとレバーの為せる業


<< 平成二十四年 世良田祇園祭り 尾瀬ヶ原でホテルオークラ特製の... >>