Blue Moon Quartet Live2012 at Ryukouji

e0254331_030773.jpg
(そろそろ再始動・・・)
去る9月29日(土)、富岡製糸場の世界遺産登録推薦を記念して「ブルームーンカルテット」のライブが富岡市内の龍光寺本堂で行われました。今回はライブを主催されたおかって市場さんから声を掛けていただき、撮影スタッフとして参加。虫の音が賑やかな秋の夕暮れ、ロウソク揺らめく参道で出迎えたのは、百余名のお客さま。ご本尊のまん前という、ありがたーい場所で、ちょいちょい挟む関西系にぎやかしトークもとても楽しく、"ゆるやかな軽音楽”をまったりと堪能することができました。忙しいばかりの日常を忘れ、肩肘張らずに、ゆるーく楽しめるこんな時間も大事なんだなぁと、改めて思う秋の一夜でした。次の企画も楽しみです。

そんなライブの模様を一部ご紹介♪


Blue Moon Quartet Live2012 at Ryukouji Part1
Blue Moon Quartet Live2012 at Ryukouji Part2
Blue Moon Quartet Live2012 at Ryukouji Part3
Blue Moon Quartet Live2012 at Ryukouji Part4

<ブルームーンカルテット>
超個性派トランペッター黄 啓傑(ex Black Bottom Brassband)、日本屈指のギタリスト富永寛之(ex バンバンバザール)、ドラムには木村純士(ex Black Bottom Brassband)、と熱い顔ぶれが結集。コルネット、ウクレレ、ウッドベース、という独特な編成で、ジャズ・スタンダードからムードミュージック、小粋なオリジナル曲まで古今東西ジャンルを問わず幅広く展開する。"ゆるやかな軽音楽”をテーマにした奔放な演奏スタイルは、様々な層から絶大な支持を得ている。2008年より活動を開始、全国で突発的に行われるライブで好評を得ている中、2010年には自主盤「シリーズ1」をリリース、2012年には初のフルアルバム「ブルームーンカルテットのすべて」をリリースと活発な動きを見せている。
<龍光寺>
長禄年間に創建された富岡市内きっての名刹。当初は市内西部の旧宮崎村に建てられたが、慶長17年、七日市藩が立藩し下仁田街道富岡宿が開かれたのを機に現在地に移転。境内にある大イチョウは推定樹齢380年以上、樹高25m、根回り9.5mの富岡市天然記念物。また、富岡製糸場の赤煉瓦の生産にかかわった韮塚直次郎や異郷で命を落とした工女らの墓石も並んでいる。

[PR]
by sanzokuame2 | 2012-10-14 00:43 | 彼方此方にて


<< タワーとツリーとビールとハムカツ 秋の深まり >>