「ほっ」と。キャンペーン

日本ワインと生パスタを楽しむ会

e0254331_153830.jpg
17日は電車を乗り継ぎ、新前橋の生パスタショップコナリエで行われた「日本ワインと生パスタを楽しむ会」に参加。
藤岡の名居酒屋、奥多野
藤岡で米やオーガニック小麦を育てる、福田農園
高崎の人気料理教室、La Bella Tavola
藤岡で「甘しずく」を育てる、とまとや
選りすぐりの素材と技が集結し、選りすぐりの日本ワインと生パスタ料理のマリアージュを演出。
乾杯のドメーヌ・タカヒコ サンスフル ロゼには、春先取りのホタルイカと菜の花にアボカドのピュレ添え。
藤岡産やよいひめと蜜柑のガスパッチョは、カンパリも隠れる大人の一品。
グラスに丸藤葡萄酒のルバイヤート甲州'11が注がれたら、ひと皿目のパスタ・カンパネッレの登場。
福田農園産オーガニック小麦使用のショートパスタは、藤岡産甘しずくとウドのソースで。
もちもちとした食感に小麦の力強さとトマトの甘さが際立つ逸品。
グレイスワインのケルナー'06には、群馬産玉ねぎとアンチョビソースでいただく極太のビーゴリ。
濃厚なソースに負けぬケルナーの熟成度の高さがベストマッチ。
最後の大皿は、群馬県産の卵と野菜をふんだん使った手打ちラザニア。
これに合せるのは、甘めで発砲感残る四恩醸造のローズ赤。
続けて、しっかりと樽熟成の重ねたルミエール レザンファン カベルネフラン'09。
ふたつの赤とトマトベースのソースとの相性を比べるのも楽しいひと皿。
〆のデザートには、甘しずくのシャーベット。
甘くも、しっかりとトマトを主張する味わいは、さすがの仕事。
13人で8本のボトルを空けつつ、また新たな出会いも生まれた大人の休日。
そんな人と人とのつながりに改めて感謝(そしてまた乾杯)。



e0254331_1542856.jpg
e0254331_1541874.jpg
e0254331_154949.jpg
e0254331_154041.jpg
e0254331_1534679.jpg
e0254331_1533483.jpg

[PR]
by sanzokuame2 | 2013-02-23 02:09 | 呑まれてナンボ


<< それぞれの東京駅 南蛇井の猫 >>