緑響く2013

e0254331_23231913.jpg
2009201020112012、そして2013年。
今年で5回目を数える奥蓼科の御射鹿池。
少々寝坊して着いたのは、とうに夜の明けた午前6時。
水鏡の前に待っていたのは、キツネの親子の思わぬ歓迎。
毎年同じ季節に訪ねる御射鹿池でも、必ず新たな発見が待っています。
「青の巨匠」の異名をとった東山魁意64歳の名作の舞台。
この凛とした空気と静寂を魁夷も肌に触れ、心に感じたのか・・・
そんな共有感もまた、この小さな池の魅力のひとつです。



e0254331_23244667.jpg
e0254331_23243310.jpg
e0254331_23242386.jpg
e0254331_23241276.jpg
e0254331_2324176.jpg
e0254331_23234992.jpg

[PR]
by sanzokuame2 | 2013-06-09 23:31 | 彼方此方にて


<< 星峠の棚田 青葉のみぎり、大糸線に出会う >>