7度目の火とぼし

e0254331_1562026.jpg
お盆の十四、十五の両日に南牧村大日向で行われる県内最大級の火祭り。
戦国時代、武田信玄が上州に攻め入った際、圧制に苦しんでいた領民が地元小幡領主に反抗し、松明に火を点じて城山を取り囲み、
多数の武田軍に見せかけ砦から小幡軍を追い落としたと言われ、その農民の活躍が「火祭り」として受け継がれたと言われています。
2006年には「大日向の火とぼし」として、国の選択無形民俗文化財にも指定されています。

昨年は行けなかった南牧村の「火とぼし」。
今年は初日の14日に訪ねてみました。
一昨年同様に、今年も臨場感を間近に感じられる、橋のたもとに。
南牧川の谷あいに御囃子が響くなか、眩いばかりの松明が大きく円を描きました。
暑い夏も、この祭りが終わると間もなく終わりなんだなぁ。



e0254331_1582040.jpg
e0254331_158971.jpg
e0254331_1575828.jpg
e0254331_1574453.jpg
e0254331_1572932.jpg
e0254331_1571285.jpg

関連記事:
火とぼし
2度目の火とぼし
3度目の火とぼし
4度目の火とぼし
5度目の火とぼし
6度目の火とぼし
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-08-15 15:16 | 日本のカタチ


<< 透かし見る 生糸の街や ソーダ水 萩原将之 陶展 >>