東京マラソン2015

e0254331_20582369.jpg
去年まではTV観戦者のひとりに過ぎなかった東京マラソン。

「当たればラッキー!」

と賑やかしでエントリーしたのに、倍率10.7倍をかいくぐりまさかの当選。
初エントリー、初当選。
ビギナーズラックと言えども、当たってしまったからには目指すところは、もちろん完走。
リタイヤでもいいやなどと、いい加減な気持ちで走ったりなど、外れてしまった多くの方に失礼というもの。
タイムも昨年末の初フル、NAHAマラソンをいくらかでも上回りたい。

と思うものの・・・

42.195kmという距離はそうそう簡単には走り切れるものではないことはNAHAで痛いほどに体験済み。

「当たっちゃいました!(笑)」   と人前でほくそ笑み、
「ぐんまちゃん被って走りますよ!」 と啖呵を切ったのとは裏腹に・・・

NAHAからは体重3㎏増、そして左膝には鈍い痛みを抱えたまま。
コンディションも悪けりゃ、日頃の走りこみも全然できていない練習不足。

(うーん、このままじゃ完走も危ういぞ・・・)

そんな焦る気持ちとは裏腹に、時間だけは過ぎていき・・・
結局、なにひとつ改善できぬまま2月22日の本番当日。
そぼ降る小雨の中、都庁前の36,000という人波に流されるように飲み込まれ・・・
やがてスタートを告げる号砲。

(とにかく完走あるのみ。始まってしまったからには腹をくくろう。)
(NAHAの反省を踏まえ、周りにつられ飛ばしがちな前半は、とにかくマイペースキープ。)
(膝の痛みが出てきたら・・・気合で何とかなる?)

そんな意識を常に心掛け、新宿から市ヶ谷、飯田橋、九段下、皇居前と淡々と距離を消化。
日比谷を過ぎ、右手に東京タワーを眺めつつ最初の折り返し、15kmの品川へ。
マイペースキープの奏功かアドレナリンの分泌か、膝も問題なく、なかなかいい調子。
来た道を日比谷へと戻ればまもなく中間点通過。
沿道が一番華やかな銀座四丁目の交差点を左折したら、日本橋から北の折り返し浅草雷門へ。
30kmを過ぎるとさすがにペースが落ちてきますが、

「ぐんまちゃん!がんばってー!」

の絶え間ない声援にチカラをもらいます。
(ぐんまちゃんの認知度はほぼ100%!さすが、ゆるキャラ日本一!)

銀座四丁目に戻り、三原橋のぐんまちゃん家、歌舞伎座を過ぎたらいよいよ終盤戦。
築地本願寺前の35kmポストを通過し、入船橋から佃大橋の登りへと。

この辺りから、ついに膝に痛みを覚え・・・
どうしても歩きと走りを繰り返すことに。
できれば歩きたくはなかったのですが、膝をだましだまし前へと進みます。

臨海エリアを進み、ポスト表示は38、39、40、41km・・・
歩みは遅くとも、一歩一歩の積み重ねにより残りの距離は確実に減ってきます。

辛いながらも、最後に感じるのは東京マラソンというビッグなレースが終わってしまうことへの寂しさ。
そして、最後の195mを笑顔と眼に何か熱いもの浮かべてフィニッシュラン。
わずか3分でもNAHAのタイムを更新できたのなら一応進歩はあったものと解釈。

走り始めて丸一年。
多くの人に支えられて二度もフルマラソンを無事に完走できたことに心から感謝します。
来年も必ずや当ててぐんまちゃん被ってまた走るぞ!

TIME:5:39:38 (ネット)
[PR]
by sanzokuame2 | 2015-03-16 21:40 | RUNNING


<< 北国街道 海野宿 はじめてのフルマラソン >>