カテゴリ:プルーンとレバーの為せる業( 80 )

雪原の八高線

e0254331_2232620.jpg
正直に言えば、赤城山よりこっちだったわけで(笑)
雪煙を上げて走る姿など、それこそ、そうそう見られることもなく。
そりゃあ、目覚ましなしで、むくりと起きられるわけです。
土曜は、しんしんと積もり始めた神流川鉄橋手前の大カーブ。
日曜は、赤城山を同じアングルに収められる群馬藤岡駅の跨線橋。
雪曇も晴天も、それぞれに絵になる一期一会の八高線。
結局はテツ三昧な雪の週末・・・ということですかね。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2014-02-09 22:41 | プルーンとレバーの為せる業

E7系試乗会

e0254331_2202473.jpg
2015年春、金沢まで延伸される北陸新幹線に対応した新型車両「E7系」。
この2月7日から9日までの3日間は、大宮-長野間で試乗会が行われています。
本日、所用で高崎駅まで来たついでに新幹線ホームに上がってみると・・・
ちょうど長野行きのE7系が入線するところに出くわしました。(持ってますな)
デザインコンセプトは「和の未来」。
上部の青は沿線に広がる空の青、側面に配したのは気品あるアイボリーホワイト。
帯色としてあしらったのは、空の青色と日本の伝統工芸をイメージした銅色。
過去の新幹線車両とは一線を画す近未来的デザインは、感嘆するしかないカッコよさ。
雪の日の外出にもらった思わぬラッキー。
いやー、なんとも満足な土曜日となりました。

e0254331_2234418.jpg

[PR]
by sanzokuame2 | 2014-02-08 22:03 | プルーンとレバーの為せる業

Best wishes for New Year 2014

e0254331_221593.jpg
丹荘-群馬藤岡/八高線
昇る初日を浴びながら
新たな年に新たな自分探しを誓う
まずは始めてみなければ
[PR]
by sanzokuame2 | 2014-01-03 22:21 | プルーンとレバーの為せる業

八高線俯瞰

e0254331_052732.jpg
丹荘-群馬藤岡/八高線

藤岡・庚申山のお気に入りのお立ち台から。
朝靄を抜け、早朝の神流川を渡る高崎行きをパチリ。
鉄道撮るなら朝夕のマジックアワー。
休日もいつものように夜明け前に起きてしまうのは、もはや習性なのかも・・・
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-11-10 00:12 | プルーンとレバーの為せる業

E6系Z19編成甲種輸送

e0254331_13123499.jpg
10月11日から13日にかけて、E6系Z19編成の甲種(牽引)輸送が
兵庫→吹田貨西→稲沢→新鶴見(信)→大宮→長岡→秋田の経路で行われました。
12日の昼には高崎操車場に到着し、夜までその雄姿を見せてくれました。
線路脇にはテツな人々はもちろん、噂を聞いて来た多くの親子連れも。
上州の山々に囲まれた「スーパーこまち」。
噂ではこれが最後の甲種輸送とのこと。
もう二度と見ることのできない、幻の光景になりそうです。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-10-19 13:18 | プルーンとレバーの為せる業

青葉のみぎり、大糸線に出会う

e0254331_23262493.jpg
南小谷-中土/大糸線

青鬼散策の後は、定番のお立ち台へ。
五竜岳、鹿島槍ヶ岳をバックに糸魚川へと下るキハ120。
水田に姿を落とす、たった一両の車両をパチリ。
まさに一幅の絵画のような一枚を今回は額に入れて。
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-06-04 23:45 | プルーンとレバーの為せる業

皐月の八木沢駅

e0254331_10413937.jpg
御牧原から上田を抜けて塩田平へ。
久々に訪ねたのは上田電鉄・別所線の八木沢駅。
ホームからは長閑な田園風景の向こうにギザギザの独鈷山。
ただのんびりと一向に時計の進まない無人駅。
電車を待つ時間こそが絵になる塩田平の名駅舎。

上田電鉄株式会社

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-05-25 10:47 | プルーンとレバーの為せる業

千曲川を渡る長野新幹線

e0254331_22532260.jpg
上田駅を出た上り長野新幹線は、間もなく第2千曲川鉄道橋を渡ります。
シンボリックな主塔の左右に11本のケーブルが張られた斜張橋。
その向こうには、信州の母なる大河と空と山々が織り成すブルーの美しさ。
長野新幹線随一の撮影ポイントです。
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-05-24 23:11 | プルーンとレバーの為せる業

桜2013 百花繚乱の神戸駅

e0254331_21463015.jpg
桐生からR122を北上して、わたらせ渓谷鐵道の神戸駅へ。
駅一帯を桃色に染め上げるのは、例年より2週間ほど早く咲いたハナモモと山桜。
「春爛漫」、「百花繚乱」、「桃源郷」、「春和景明」。
この季節、形容してもし尽くせない美しさがここにあります。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-04-07 21:54 | プルーンとレバーの為せる業

桜2013 桐生の富士山でサクラとテツ

e0254331_19384571.jpg
富士山下駅/上毛電気鉄道上毛線

サクラとテツを探して、桐生方面へ。
まずは、すずきさんの一週間前の記事で見た富士山下駅脇の渡良瀬川橋梁を。
と着いてみたら、お目当ての桜は、すっかり葉桜・・・
「まぁ、そりゃそうだよな」と、同じアングルはあきらめ、とりあえず富士山頂へ登ってみることに。
俯瞰で探せば桜の入るアングルがあるのでは・・・
おっ!あるじゃん!あるじゃん!
山麓の桜と踏切、そして遠くに公園の桜。
10分ほど待って天王宿からやって来たのは、桜色の700型。
テツの神様が恵んでくれた、ちょっと出来過ぎなタイミングを逃さずパチリ。

さらに公園の向こうに目を凝らせば、両毛線の線路。
そして収めたのは、桜の雲の上を行くサンドイッチカラーの107系。
いやはや、何気に大満足の桐生の富士山。
山頂に祀られる浅間様のご利益かな?

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-04-07 19:46 | プルーンとレバーの為せる業