カテゴリ:寄鳥見撮( 6 )

雪と氷の丹生湖で鳥見

e0254331_20584976.jpg
建国記念日。
夜明け前から富岡の丹生湖でひとり鳥見。
週末の雪は、そこかしこに残り、辺りは凍てつく様相。
それでも鳥たちは元気な姿を見せてくれました。

探鳥記録種:
2014年2月11日 7:00~8:30
カシラダカ、シメ、シジュウカラ、スズメ、トビ、ツグミ、ヒヨドリ、コゲラ、アオゲラ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、キンクロハジロ、ダイサギ、ハクセキレイ、モズ、ウグイス、メジロ、カケス、キジバト、ハシブトガラス

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2014-02-12 21:27 | 寄鳥見撮

今年のうちの子

e0254331_18363159.jpg
もう、そんな季節です。
今年は背中に白斑のある、かわいい子。
二階の軒先にて、せっせせっせとリフォーム中です。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-04-21 18:42 | 寄鳥見撮

初めてのカワセミ

e0254331_2455625.jpg
テツの場合もそうでした。
趣味が高じると、ひとつカテゴリーが増えます。

鳥オヤジになって、まだひと月も経っていないのに・・・
日曜の朝、出会ってしまいました・・・
そう簡単には見ることはできないだろう・・・
ましてや、その姿をカメラに収めるなんて夢のまた夢・・・
ある意味ゴールのような存在だったのに・・・

~ ブッポウソウ目 カワセミ科 カワセミ ~

訪ねたのは、o_k_dさんに教えてもらった高崎市北部の某公園。
滝の流れる池は、カワセミ撮影のお立ち台のようで。
"バズーカ"構えるお父さんたちと一緒に待つこと・・・たったの10分。
そいつは、いきなり現れました。
目の覚めるような翡翠色の翼。
ふっくらとしたお腹は、これまた鮮やかなオレンジ色。
細く鋭い黒いくちばし、そして、喉元とうなじに白のスリーポイント。
自然の造形とは、かくも美しいものかと、しばらく声が出ないほどでした。
止まり木から水中を凝視していたかと思うと・・・
目にも止まらぬ飛び込みを見せ、次の瞬間には小エビを咥えて再び止まり木の上。
「Kingfisher」の称号は伊達ではありません。
鳥オヤジ達をメロメロにする「渓流の宝石」。
さて、本気でバズーカが欲しくなってきたぞ。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-03-06 03:19 | 寄鳥見撮

日曜日は鳥オヤジ

e0254331_12335316.jpg
メジロ

すっかり鳥見に感化されて。
日曜の昼、藤岡市民体育館でセガレのバスケ応援をしたあと、裏山である庚申山を鳥見散歩。
子どもの頃から何度となく散策をしている山ですが、鳥を見るためだけに歩くのはこれが初めて。
はて、どれほどの「鳥密度」なのかと思い、双眼鏡片手に歩き始めると・・・
いやいや、これがなかなかの高密度。
カンカンカンと林にこだまする音は「小啄木鳥」ことコゲラの仕業。
小太りのスズメほどの大きさですが、りっぱなキツツキの姿にちょっとした感動すら覚えます。
クリクリお目目で人懐こく近くまで寄ってくるジョウビタキ。
枝の間を忙しなく飛びまわるのは、羽根に紅の入ったかわいいエナガ。
凍った池の上で虫を啄ばむハクセキレイセグロセキレイに、キンカンの実に夢中なメジロなどなど。
図鑑だけでは判らない、それぞれの生態が目の前で繰り広げられていました。
黙々の登高、ワイガヤのハイキング、そして静かに木々を見上げる鳥見山歩。
山の楽しみ方をもうひとつ見つけた2012年になりそうです。

※ 鳥名、間違ってたら訂正してくださいコニー先生!

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-02-23 13:03 | 寄鳥見撮

岩倉橋のコハクチョウ

e0254331_20154553.jpg
(鳥オヤジ開眼!?)
烏川を跨ぎ、新町と玉村町をつなぐ岩倉橋。
この時季、その下流付近に飛来、逗留しているのがコハクチョウの群れ。
その優雅な姿をひと目見ようと、地域住民やアマチュアカメラマンで連日にぎわっています。
ゆったりと水面を泳いだり、浅瀬で休んだり、時おり周辺を飛び回ったり。
この日、確認できたのは数羽の幼鳥を含め40羽ほど。
今年は積雪の影響からか、県内で確認されるハクチョウの数が例年よりも多いのだそうです。
冬限定の白い使者、心静かに、温かく見守りたいものです。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-02-17 20:45 | 寄鳥見撮

初めての探鳥会

e0254331_21324821.jpg
日曜日は早朝から前橋の嶺公園へ。
その目的は日本野鳥の会群馬の開催する探鳥会。
林ガール?野鳥ガール?に開眼したチョメコ女史に誘われての初探鳥会です。
この日はコニー先生tacaちゃんも一緒に参加してくれました。
前橋の市街地を南に見下ろす嶺公園。
8:00の集合時間には空から白いものがチラチラと・・・
ズボン下を履いて、モコモコのダウンに手袋、マフラー、フリース帽。
タロとジロでも探しに行くんかい!って格好で、カメラと双眼鏡を首にぶら下げ、林へ入ります。
と言っても野鳥の知識は、ほぼゼロの私。
もちろん予習もゼロなら野鳥図鑑も持っておらず・・・
歩き始めてさっそく、遠くの茂みに小鳥が止まったのを見ただけで、
「あれはシロハラですね」
「向こうにはシジュウカラが止まってますよ」
と常連の皆さま。
えっと・・・あのー、どの辺りですか? で、今、何て言いました???
ひとり全くついていけない私です・・・
丁寧に鳥名を教えてもらい、ピンを合わせたフィールドスコープも見せてもらい。
全てが教えてもらうことばかりです。
静かな林で出会ったのは、緑鮮やかなメジロに、松の幹を穿つ頭の赤いアオゲラ。
空を眺め、梢に目を凝らし、微かな動きと小さな声に神経を研ぎ澄ました3時間。
初心者ながらも、多くの野鳥を確認することができました。

ちなみにこの日の探鳥会で確認された鳥は・・・

マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カオジロガビチョウ

だそうです。(コニー先生の記事から完コピ ^^;)

いやいや、なかなかに面白く、奥が深い探鳥の世界。
まずは野鳥図鑑を購入することからだなぁ。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-02-15 22:23 | 寄鳥見撮