カテゴリ:食してナンボ( 43 )

『春のパンまつり』at Tomioka

e0254331_1323731.jpg
桜咲くパンまつり。
もちろん今年もやっちゃいます。
おなじみのあの店に初出店のあの店。
12軒のパン屋さんと2軒の珈琲屋さんが
心より多くのご来場をお待ちしております。

『春のパンまつり』at Tomioka
日時:2016年4月3日(日)10:00~15:00
会場:おかって市場 富岡市富岡1450(富岡市役所前)
お車はお近くの市営無料駐車場または有料駐車場をご利用ください。
[PR]
by sanzokuame2 | 2016-03-25 01:48 | 食してナンボ

壺屋のパエリヤ

e0254331_122365.jpg
上田市の郊外、信州国際音楽村の丘に建つスペイン料理店。
抜群の眺望と満開の水仙に囲まれいただいたのは、看板メニューのパエリアコース。
四人で美味しく楽しくにぎやかに、非日常の地中海の味を堪能しました。
しかし・・・海老やムール貝と格闘する時間は皆、無口になるのは蟹のそれと同じですね(笑)

壺屋
[PR]
by sanzokuame2 | 2015-04-15 22:55 | 食してナンボ

ギャラリー喫茶 まどい

e0254331_1515326.jpg
高崎警察署のほど近くにオープンした「ギャラリー喫茶 まどい」。
榛名山麓に登り窯を構える「陶蛍庵みとら窯」の窯元が、作品発表の場として開店したものです。
数多くの作品が並ぶギャラリーは、古民家の建材を再利用した趣きある空間。
積み重ねた歳月を物語る漆黒の梁を、暖かみある照明がやさしく照らしています。
ギャラリー喫茶を切り盛りするのは、オーナーの娘さん。
お父上の作品や古民家のことなど、お話いただいた後、ランチに選んだのは自家製のカレー。
独学で完成させたというカレーは、マイルドなチキンとコクの深いビーフの2種類。
その両方を「合い盛り」として味わうこともできます。
ともに具だくさんで味わい深く、洋食屋の欧風カレー的な完成度。
さらに辛味がプラスされれば・・・
それは昔懐かしい「高崎レストハウス」(知っているあなたはオーバー40)のカレーを思い起こさせます。
それでいて、サラダと付け合せ(この日はピーナツペーストの入ったポテトサラダ)もついて600円とは。
「もう少し値段上げたほうが良いのでは?」と、思わず口を衝いて出てしまったコストパフォーマンスです。

高崎市並榎町141-7
℡:027-386-8739
営:11:00-17:00
休:不定休

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-04-12 02:01 | 食してナンボ

Trattoria e bar IL Girasole

e0254331_13284530.jpg
上州富岡駅の程近く、富岡小学校の西隣に佇むイル ジラソーレ
沼田で7年間に渡り人気を博してきたイタリアンですが、昨年9月にオーナーシェフの出身である富岡に移転されました。
移転のきっかけとなったのは、店舗としてリノベーションした日本家屋との出会い。
60年という歳月を積み重ねてきた古民家に、ひとめぼれしての移転だそうです。
若きシェフが腕を振るうのは、地産の食材を多用したアンティパストからドルチェ、イタリアワインまで揃えた本格派イタリアン。
この日いただいたのは、アンティパストのプレートにメインにパスタかリゾットを選べるパスタセット。
「インゲンとアサリのアーリオリゾット」はアルデンテの米粒ひとつひとつに山海の恵みが凝縮されています。
喧騒から離れた裏通りの懐かしい空間で、とっておきの時間を過ごすことができる隠れ家的イタリアン。
特別な日のランチにディナーに、オススメの一軒です。


トラットラリア エ バル イル ジラソーレ
富岡市富岡1757-1
℡:0274-67-7000
営:11:30-14:00、17:30-22:30
休:火曜

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-27 13:39 | 食してナンボ

俺のそばのカレー丼

e0254331_1381515.jpg
鰹ダシの効いた蕎麦つゆをベースに、カレールーと鶏ダシ。
玉ねぎと鶏肉を加えてトロッと仕上げたマスター渾身の作。
じわりとやって来る辛味に、カラダはポカポカ。
この寒の底に、もってこいのひと品です。
販売は2月上旬まで。
じゃあ、いつ行くか?今でしょー (某予備校講師風に)

@ore_no_soba
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-01-27 13:15 | 食してナンボ

きよしやのソースかつ丼

e0254331_23135149.jpg
黒瀧山を下れば、ちょうど昼時。
当たり前のように向かったのは、下仁田のかつ丼の名店、きよしや。
看板メニューは、甘辛のみりん醤油仕立ての卵なしの「かつ丼」なのですが・・・
実は、かつ丼だけでも6種類もあるんです。
かつ丼、半かつ丼(かつ丼のハーフサイズ)、玉子煮かつ丼(いわゆるかつ丼)、ひれかつ丼、チキンかつ丼、ソースかつ丼。
これほどあるのに、いつも「かつ丼」一辺倒だったので、この日は初めてのソースかつ丼にチャレンジ。
味付けは「かつ丼」のタレ+ウスターソース。
ごはんの上には千切りキャベツが敷かれています。
見た目はほとんど「かつ丼」と変わりませんが、ソースの酸味が効いてさっぱりとした仕上がり。
うん、これもありです。
となると、今さらながらにひれかつもチキンも気になってきた。
さて、また行かなくちゃ。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-11-21 23:17 | 食してナンボ

御牧原はいつも わざわざ のち YUSHI CAFE 

e0254331_9433634.jpg
(一人時間差な一枚です)
それはもう、ひとつのセットというか不可分というか。
お約束のように坂を下り、YUSHIさんちで腰を下ろします。
まだ残暑厳しい昼下がりは、氷ごろりのアイスコーヒー。
「金魚鉢」な一杯に、カラダはあっという間にクールダウンです。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-23 10:06 | 食してナンボ

VIRONのバゲット・レトロドール

e0254331_181349.jpg
会社帰りに丸の内まで。
訪ねたのは、東京を代表するブーランジェリー「VIRON」。
その"看板"であり"必須"なのが、仏産小麦粉「レトロドール」を使ったバゲット「レトロドール」。
美しいまでの5本のクープが入ったクラストは、カシッと引き締まった硬さ。
それでいてクラムは、保水率の高いムチッとした軟らかさ。
形容するならば、"甲殻類的バゲット"と言ったところでしょうか。
とにかく、その芳香の豊かさは今までに経験したことのないほど。
香りだけで 「あ、これは旨いに決まってる」 と思わせる、Parisienneなバゲット。
まずは1本・・・じゃ、きっと足らないと思います。

VIRON 丸の内店
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-08 18:06 | 食してナンボ

レストラン ラセールのハンバーグステーキ

e0254331_2137311.jpg
国道254バイパス沿い、田島のY字路近く。レンガ建ての商業ビルの二階に店を構えるのは、"フランス田舎料理"を看板に掲げる「レストラン ラセール」。昭和59年5月の創業から今年で28年を数える老舗のフレンチレストランです。都内の有名ホテルやレストランで長年に渡り腕を振るったマスターの作る料理は、一品料理からコース料理までさまざま。その豊富なメニューについ目移りしてしまいますが、初めて訪ねるのであれば、ぜひとも洋食の王道「ハンバーグステーキ」を。本格フレンチである証に、出来合いの挽肉など決して使うことはありません。良質の牛肉をマスター自ら挽いて作ったハンバーグに秘伝のデミグラスソースをたっぷりつけていただけば、まさに王道の美味しさ。ちょっとしたお祝いや自分へのご褒美に。そんなうれしいひとときを演出してくれるレストランです。

富岡市田島318
℡:0274-64-2384
営:11:30-14:00、17:00-20:30
休:火曜
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-06 21:58 | 食してナンボ

味来斉のナス肉炒め定食

e0254331_2129385.jpg
なかなか真っ直ぐ帰れないのが東京勤め。
15年ぶりに寄ったのは、昔足繁く通ったアキバの「味来斉」(みらいさい)。
当時から毎回のように頼んでいたのは、通称「ナス」こと「ナス肉炒め定食」。
「ナス」と注文すれば、フロアのお兄さんが「はい、ナス!」と威勢よく厨房に伝えます。
丼いっぱいのご飯と、とろりとした玉子スープが付いて800円。
麻婆茄子ともまた違う、味来斉オリジナルの逸品です。
始めのうちは、ナス・ご飯・ナス・ご飯・・・と食べますが・・・

中盤まで箸を進めたら・・・
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-01 21:42 | 食してナンボ