タグ:下仁田 ( 4 ) タグの人気記事

南蛇井の猫

e0254331_2251856.jpg
年末から蔵出し。
ちょっと近づけば、しゅっと隠れて。
ちょっと離れれば、ひょいと顔を出して。
南蛇井駅近くの民家で、しばらくこの子とかくれんぼ。
遊ばれてたのは、こっちかもね。
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-02-20 22:18 | 今日のニャンコ、たまにワンコ

SHIMONITA ' 70s

e0254331_22112984.jpg
なぜか去年4月の画像を蔵出し。
まだ薄ら寒い、春先の下仁田。
時が止まったままのパチンコ屋に撞球場。
終着駅の町は、いつ訪ねても ' 70sの雰囲気。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-01-13 22:32 | 彼方此方にて

きよしやのソースかつ丼

e0254331_23135149.jpg
黒瀧山を下れば、ちょうど昼時。
当たり前のように向かったのは、下仁田のかつ丼の名店、きよしや。
看板メニューは、甘辛のみりん醤油仕立ての卵なしの「かつ丼」なのですが・・・
実は、かつ丼だけでも6種類もあるんです。
かつ丼、半かつ丼(かつ丼のハーフサイズ)、玉子煮かつ丼(いわゆるかつ丼)、ひれかつ丼、チキンかつ丼、ソースかつ丼。
これほどあるのに、いつも「かつ丼」一辺倒だったので、この日は初めてのソースかつ丼にチャレンジ。
味付けは「かつ丼」のタレ+ウスターソース。
ごはんの上には千切りキャベツが敷かれています。
見た目はほとんど「かつ丼」と変わりませんが、ソースの酸味が効いてさっぱりとした仕上がり。
うん、これもありです。
となると、今さらながらにひれかつもチキンも気になってきた。
さて、また行かなくちゃ。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-11-21 23:17 | 食してナンボ

一生けんめいの味、きよしや

e0254331_18453894.jpg
下仁田の名店、きよしや食堂
創業は昭和12年。
20代で店を受け継いだ2代目が、その味を守り抜いて実に半世紀になります。
きよしやの代名詞と言えば、こちらの「かつ丼」。
甘辛のみりん醤油仕立ての卵なし。
“二階建て”の姿は、もはや昭和の食文化遺産です。
しかし・・・残念ながら、今のところバトンを渡す3代目が未定とのこと。
「ひとつのことでもなかなか思うようにならないものです
だからわたしはひとつのことを一生けんめいやっているのです」
とは、店内に貼られたオヤジさんの言葉。
50年の歴史とオヤジさんの心を感じて、ごはん一粒一粒まで一生けんめい味わいます。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-07-14 19:06 | 食してナンボ