タグ:信州 ( 59 ) タグの人気記事

壺屋のパエリヤ

e0254331_122365.jpg
上田市の郊外、信州国際音楽村の丘に建つスペイン料理店。
抜群の眺望と満開の水仙に囲まれいただいたのは、看板メニューのパエリアコース。
四人で美味しく楽しくにぎやかに、非日常の地中海の味を堪能しました。
しかし・・・海老やムール貝と格闘する時間は皆、無口になるのは蟹のそれと同じですね(笑)

壺屋
[PR]
by sanzokuame2 | 2015-04-15 22:55 | 食してナンボ

北国街道 海野宿

e0254331_1643417.jpg
硝子工房の窓から望む格子戸の宿場町。
町並みには、まだ辛夷が咲く遅い春。
ここは日本の道百選のひとつ、海野宿。

ガラス工房 橙
[PR]
by sanzokuame2 | 2015-04-13 17:05 | 彼方此方にて

楽園のカフェ 美麻珈琲

e0254331_163428.jpg
アップしそびれた写真を思いついたようにまた・・・

2012年5月、それは青鬼からの帰り道。
菜の花畑の向こうに鹿島槍ヶ岳を望む、一軒のストロー・ベイル・ハウス。
それは澄んだ水、澄んだ空気、澄んだ自然に恵まれた大町に育まれた美麻珈琲
楽園のようなカフェでいただくのは、上質な珈琲と名物のチョコレートケーキ「サント・アン・トリフ」。
春になったらもう一度・・・

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2014-01-08 16:08 | 彼方此方にて

軽井沢の鹿鳴館

e0254331_2321267.jpg
いにしえ人の会話が聞こえてくる美しい廊下。
想いは明治へと巡る。

10/14、紅葉迫る旧三笠ホテルにて
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-10-26 23:44 | 彼方此方にて

八ヶ岳イエローの白駒池

e0254331_22462121.jpg
10月初めの定点観測。
6日深夜2時に藤岡を発ち、向かったのは北八ヶ岳の白駒池。
黒い森を抜け、たどり着いた池の畔は、まだ闇の中。
水面にさえ姿を映す冬の星座は、やがて蒼から朱に染まる東の空から消え始める。
待ちわびた朝日に一斉に輝き出すドウダンツツジの紅の帯。
朝靄の白、カラマツの黄葉、そして信州の青い空。
白駒池の魅力、それは紅葉だけではない色彩の妙です。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-10-13 23:07 | 彼方此方にて

お盆の城下町・松本

e0254331_1611816.jpg
(アップするタイミングを逃した去年の写真を・・・なぜ今?)

夕立間近の怪しい空模様。
そんなお盆の松本城下をぶらり散歩。
駅前のラボラトリオでガラスの器に惹かれて。
吉邦でもりそばを手繰り、ついでに名物「うす焼き」もいただき。
塩川のあんみつは・・・満席であきらめて。
擬洋風建築を探しながら、土蔵と白壁の小路に迷い込んで。
お土産は梅月の梅園と山屋の板あめ。
歩いてナンボの松本城下。
気付けば結構な距離を歩けてしまいます。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-09-07 16:14 | 彼方此方にて

緑響く2013

e0254331_23231913.jpg
2009201020112012、そして2013年。
今年で5回目を数える奥蓼科の御射鹿池。
少々寝坊して着いたのは、とうに夜の明けた午前6時。
水鏡の前に待っていたのは、キツネの親子の思わぬ歓迎。
毎年同じ季節に訪ねる御射鹿池でも、必ず新たな発見が待っています。
「青の巨匠」の異名をとった東山魁意64歳の名作の舞台。
この凛とした空気と静寂を魁夷も肌に触れ、心に感じたのか・・・
そんな共有感もまた、この小さな池の魅力のひとつです。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-06-09 23:31 | 彼方此方にて

青葉のみぎり、大糸線に出会う

e0254331_23262493.jpg
南小谷-中土/大糸線

青鬼散策の後は、定番のお立ち台へ。
五竜岳、鹿島槍ヶ岳をバックに糸魚川へと下るキハ120。
水田に姿を落とす、たった一両の車両をパチリ。
まさに一幅の絵画のような一枚を今回は額に入れて。
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-06-04 23:45 | プルーンとレバーの為せる業

幽境に集う

e0254331_13532991.jpg
水無月を声を聞けば、この季節。
モルゲンロートの2010年梅雨空の2011年極上のモーニング付きの2012年に続く四度目の青鬼行。
今回は9名という大所帯で23時に群馬を出発。
有明の月灯りを頼りに4時前から集落を散策。
やがて目覚める白馬の稜線に声にならない感嘆のため息。
苗まだ低い棚田に姿を落とす白き峰々に見入るばかり。
来る度に違う姿を見せる北信濃の幽境。
さて、来年はどんな姿か。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-06-01 13:58 | 彼方此方にて

皐月の八木沢駅

e0254331_10413937.jpg
御牧原から上田を抜けて塩田平へ。
久々に訪ねたのは上田電鉄・別所線の八木沢駅。
ホームからは長閑な田園風景の向こうにギザギザの独鈷山。
ただのんびりと一向に時計の進まない無人駅。
電車を待つ時間こそが絵になる塩田平の名駅舎。

上田電鉄株式会社

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-05-25 10:47 | プルーンとレバーの為せる業