タグ:信州 ( 59 ) タグの人気記事

佐久のコスモス街道

e0254331_2237441.jpg
土曜の昼。
たまには嫁とふたりきり。
花の盛りはとうに過ぎ、訪れる人も疎らでしたが・・・
そんなうら悲しい、秋の風情がまた良かったりして。
しかし、ふたりきりでここを歩いたのは・・・20年振りかな
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-25 23:16 | 彼方此方にて

御牧原はいつも わざわざ のち YUSHI CAFE 

e0254331_9433634.jpg
(一人時間差な一枚です)
それはもう、ひとつのセットというか不可分というか。
お約束のように坂を下り、YUSHIさんちで腰を下ろします。
まだ残暑厳しい昼下がりは、氷ごろりのアイスコーヒー。
「金魚鉢」な一杯に、カラダはあっという間にクールダウンです。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-23 10:06 | 食してナンボ

ものづくり交換留学 長野東御 〈- 福岡筑後

e0254331_2364367.jpg
話を三連休初日に戻して。
わざわざのパンを訪ねた目的は、パンだけのためではなく、このイベント。
「ものづくり交換留学」と銘打ち、遥々と福岡・八女からやって来たのは、うなぎの寝床の品々。
それは八女茶を始め、ガラスや木工、線香、藍染絣などの伝統工芸品。
いつもの信州な店内は、福岡の手仕事でつくられた生活用品に取って代わられていました。
この九月に先立ち、八月にはわざわざさんが八女に一週間の長逗留販売。
ふとしたきっかけで、800km離れた店を丸々交換しての異文化交流。
思いつきをポポポンと現実のものとしてしまう、両店店主の実行力には脱帽するしかありません。
こんな交換留学、ぜひまた実現していただきたいものです。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-21 23:37 | 彼方此方にて

展望の山 黒斑山

e0254331_031547.jpg
日曜日は浅間山の外輪山・黒斑山へ。
夏の名残の日差しに汗をかきながら、時おり頬をなでる秋風に涼を感じながら。
標高2000mから高度を稼げば、やがて見えてくる富士山、北岳、奥穂高岳の標高ベスト3。
さらに遠く、山好きならばその形で判る、後立山連峰、槍ヶ岳、乗鞍岳、御岳。
アプローチの良さと2時間弱の登りで手軽に手に入れられる、極上の大パノラマ。
空気の澄む、これからの季節に登って欲しい、とっておきの展望台です。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-19 00:53 | 彼方此方にて

水の上のパン屋

e0254331_2382051.jpg
三連休初日。
久しぶりに向かったのは、遠く九州から帰って来たばかりのわざわざさん。
予約していた山食をいただいたら、カメラ片手に御牧の丘をひとりぶらり。
信州の青い空を映す大きな池の向こうに、わざわざさんちの白と黒が相似で向き合います。
てっきり、丘の上のパン屋だとばかり思ってましたが・・・
水の上のパン屋でもあったのですね。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-09-15 23:20 | 彼方此方にて

夏空への滑走路

e0254331_17151361.jpg
信州・御牧ヶ原にて。
青い夏空へと続く一本道。
うーん、気分爽快♪
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-08-05 17:18 | 彼方此方にて

快速しなのサンライズ号

e0254331_21542629.jpg
車坂峠から下り、何気に寄ってみた小諸駅で“偶然”遭遇したので。
しなのサンライズ号は、しなの鉄道がしなの鉄道線と信越本線で運行する快速列車。
小諸駅-長野駅間で毎朝1本運行されています。
使われる車両は、JR東日本から借り受けている国鉄189系。
そう、かつて「あさま」として碓氷峠を越えていた往年の特急車両です。
ライナー券(200円)をプラスするだけで乗れる懐かしの「あさま」。
駅弁とお茶持って、近いうちに乗りに来てみようかな。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-08-01 22:07 | プルーンとレバーの為せる業

青海に浮かぶ赤岳と蓼科山

e0254331_20421467.jpg
金曜日は有休を取って。
未明から車坂峠に登り、黒斑山からの夜明けの浅間を撮ろうと思ったのですが・・・
あいにく黒斑山は、すっぽり雲の中。
さすがに一週間の疲れもあったので、ここは登山を断念。
高峰高原ホテル前の駐車場で仮眠を取り、5時過ぎに目覚めると・・・
標高2000メートルから望む眼下は、一面の青い海。
小諸も佐久平も雲海の下に眠ったままです。
“水平線”の上、ちょこんと頭を出していたのは八ヶ岳主峰・赤岳と諏訪富士こと蓼科山。
黒斑山に登っていたら見られなかったであろう、青い絶景。
うーん、人生何が幸いするか判りませんね。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-07-31 20:49 | 彼方此方にて

特急「そよかぜ」リバイバル

e0254331_11224584.jpg
新町-倉賀野

夏は臨時列車の季節。
7月15日(日)、上野~横川間を走ったのは、185系の「あまぎ色」を使用した特急「そよかぜ」。
「そよかぜ」は、かつて夏季の行楽シーズンにのみ上野~中軽井沢(一部上田まで)を結んでいた季節列車です。
同じ信越本線を定期運行していた特急「あさま」や特急「白山」を補完する役割でしたが、1997年8月、
長野新幹線の開業を前に廃止されました。
リバイバルとなった185系の先頭車には,現役時代にはなかった特製のヘッドマーク。
できることなら、もう一度189系の「あさま色」で走って欲しいところです。
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-07-28 11:42 | プルーンとレバーの為せる業

YUSHI CAFEの名カメラマン

e0254331_244394.jpg
夜明けのどしゃ降りは、はてどこに?
暑い夏日となった一日の最後は、望月のYUSHIさんちでクールダウン。
アイスコーヒーの向こうでは、未来の女流カメラマンがりんごジュースをパシャリパシャリ。
純真な視点、侮れないんですよね。
深夜3時始まりの長ーい一日、おつかれさまでした。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-06-26 02:48 | ベツバラ