タグ:夜景 ( 38 ) タグの人気記事

新町ふるさと祭り 花火大会・灯籠流し 2013

e0254331_15552335.jpg
16日は夕涼みがてら新町の花火大会へ。
この夏、初めての花火撮影でもあります。
遠く空を照らす稲光が心配でしたが、雷雲は北へ流れ。
涼しい夜風の中、絶好の花火日和となりました。
本数は少なくとも、美形の花火が多いように感じる、新町の花火です。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-08-18 16:06 | 歳時記

7度目の火とぼし

e0254331_1562026.jpg
お盆の十四、十五の両日に南牧村大日向で行われる県内最大級の火祭り。
戦国時代、武田信玄が上州に攻め入った際、圧制に苦しんでいた領民が地元小幡領主に反抗し、松明に火を点じて城山を取り囲み、
多数の武田軍に見せかけ砦から小幡軍を追い落としたと言われ、その農民の活躍が「火祭り」として受け継がれたと言われています。
2006年には「大日向の火とぼし」として、国の選択無形民俗文化財にも指定されています。

昨年は行けなかった南牧村の「火とぼし」。
今年は初日の14日に訪ねてみました。
一昨年同様に、今年も臨場感を間近に感じられる、橋のたもとに。
南牧川の谷あいに御囃子が響くなか、眩いばかりの松明が大きく円を描きました。
暑い夏も、この祭りが終わると間もなく終わりなんだなぁ。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-08-15 15:16 | 日本のカタチ

高田馬場でスペインバル

e0254331_23273822.jpg
仕事帰りにサクッと飲んで帰りたい。
東京勤めであればこそ、そんな誘惑に駆られる毎日です。
長居無用の立ち飲みスタイル。
グラスワインと小ぶりのタパスがどれもワンコイン。
住宅街の片隅で、主張するのは黒い扉と控えめな照明だけ。
寄っていかない理由が見つからない、そんなバル。
その名前もまた直球ど真ん中。

TAKADAnoBAR

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-29 23:32 | 呑まれてナンボ

夢をありがとう!200系新幹線

e0254331_19365129.jpg
下り とき347号
3月15日20時、東京駅22番線ホームに新潟からの「とき342号」が到着すると、待ち構えていた大勢のファンのカメラのシャッター音がホームに鳴り響いた。折り返し20時12分発の「とき347号」として新潟に向かう200系新幹線の最後の姿を記録するためにファンが集まり、隣の21番線ホームも人垣で埋まった。最後の200系新幹線に乗車する「乗り鉄」の姿も多く、カメラを片手に列車に乗り込んでいった。 JR東日本 夢をありがとう!200系新幹線より

新幹線=団子っ鼻。
幼き頃、何度となく絵に描いた0系の血筋を引く200系。
30年に渡り東北・上越と東京を結んだ新幹線が、いよいよ引退の日を迎えました。
鉄道の高速化、省力化の波には逆らえませんが、明日から走らないと思うと、やはり一抹の寂しさを禁じ得ません。
3月15日の金曜日。
早めに仕事を終え、200系新幹線の最後を迎える場所に選んだのは王子駅近くの北とぴあ
間違いなく「祭り」になっている東京駅は避け、静かにその光跡を見送りました。
夢をありがとう!200系新幹線

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-28 20:08 | プルーンとレバーの為せる業

KITTE

e0254331_17945100.jpg
3月21日、日本郵便が初めて手がける商業施設KITTEが東京駅丸の内南口のJPタワー内にオープン。
日本最大級の郵便局として1931年に建造された旧東京中央郵便局局舎をリノベーションしたKITTEは地下1階、地上6階建て。
その名称は「切手」と「来て」を掛け合わせ、「多くの人に来てもらいたい」という思いから名付けられたものです。
内装デザインは建築家の隈研吾さんによって手掛けられ、木材や瓦、織物、和紙などの伝統素材を使い、
1階アトリウムのガラス天井は折り紙をイメージするなど、日本の心地よさや奥深さが表現されています。
施設内には、日本のものづくりや心地良さを伝える98のショップ&レストランが集結。
名古屋の「矢場とん」、横浜の「崎陽軒」、金沢の「落雁諸江屋」、日本橋の「千疋屋総本店」・・・
気になるお店はいくつもありますが、まっすぐ向かったのは6階の屋上庭園「KITTEガーデン」。
遮るものなく、眼下に東京駅丸の内駅舎を丸々俯瞰することができます。
夏には夕涼みがてら、ニッポンのターミナルと行き交う列車の景色を楽しむのに絶好の場所。
会社帰り、ますます寄り道する場所が増えて困るなぁ。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-27 17:18 | プルーンとレバーの為せる業

Cherry blossoms and TOKYO SKYTREE

e0254331_21442853.jpg
写真は溜まるも記事を書く時間がなく・・・
とりあえず旬を逃さないように、桜の写真から。
満開のソメイヨシノと隅田川越しに望む桜色のスカイツリー。
ニッポンの新しい春の景色。
いつの時も、花を愛でるくらいの余裕を持っていたいものです。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-24 21:55 | 歳時記

真冬の夜の銀座4丁目

e0254331_21235429.jpg
金曜の仕事帰り。
ひさしぶりにメトロに乗って銀座まで。
時計台の見下ろすニッポンの交差点。
自分にとっては東京タワーでも上野動物園でもなく。
この交差点こそが大都会・東京の象徴。
生まれて初めてハンバーガーを食べた場所だからかな?^^

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-01-27 21:36 | 彼方此方にて

神田ガード下で新春群馬県人会

e0254331_1892327.jpg
正月明け、1/5(土)は出勤日。
サクッと仕事を終えたら、東京までドライブに来ていたo_k_dさんと東京タワーで待ち合わせ。
まだ松の内の空いた都内を軽くドライブして、着いたのは神田ガード下の升亀
吉田類の酒場放浪記でも紹介されている神田を代表する老舗居酒屋です。
平日なら入ることさえ難しい人気店ですが、この日は程よい賑わい。
まずはホッピーで喉を潤したら、こちらの名物「げそ天」(土曜は100円!)を。
ゲソとは思えぬやわらかさに感動する間もなく、これまた名物のメンチカツと肉豆腐にノックアウト。
続けてポテトサラダに、げそ天のお代わりもして、しめて二人で3000円でお釣りが来たりして・・・
(あっ、焼きおにぎりもひとつづつ食べたっけ)
コストパフォーマンスにも程があるガード下の名店。
神田だけど、恐れ入谷の鬼子母神です。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-01-26 18:13 | 呑まれてナンボ

ご近所さんと二年参り

e0254331_21413376.jpg
毎年恒例、紅白終了後は歩いて行ける近所の氏神様へ。
お焚き上げの炎に当たりながら、甘酒をいただき、神楽を見ているこの瞬間。
一年のうちで日本人であることを最も実感する時です。
やはり、この日は最上のハレの日なんだなぁと改めて思います。

遠く除夜の鐘が響くなか行列に並び、ご近所さんのエメちゃん夫妻と一緒にお参り。
振る舞いの甘酒をいただいて、これまた氏子会からのサービスの生活雑貨をいただいて。
風もなく穏やかな年明け、今年も楽しい二年参りとなりました。

地元の氏神様、それは遠い先祖から代々続く大切なコミュニティ。
この二年参りだけは、生涯欠かさずに続けたいものです。

追伸. 引いたおみくじが納得いかないからって、二枚目を引いてはダメです、エメちゃん
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-01-01 21:48 | 日本のカタチ

地球照と高崎線

e0254331_2243319.jpg
12月12日の月齢は28.2。
新月前後の数日間は、地球に反射された太陽光が月の影の部分を照らす"地球照"を観るチャンスです。
今朝は寄り添う水星と、ひと際明るい金星も花を添えて。
どこかラッセンチックな夜明けの空に、しばしため息なのでした。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2012-12-12 22:57 | プルーンとレバーの為せる業