タグ:東京 ( 40 ) タグの人気記事

東京マラソン2015

e0254331_20582369.jpg
去年まではTV観戦者のひとりに過ぎなかった東京マラソン。

「当たればラッキー!」

と賑やかしでエントリーしたのに、倍率10.7倍をかいくぐりまさかの当選。
初エントリー、初当選。
ビギナーズラックと言えども、当たってしまったからには目指すところは、もちろん完走。
リタイヤでもいいやなどと、いい加減な気持ちで走ったりなど、外れてしまった多くの方に失礼というもの。
タイムも昨年末の初フル、NAHAマラソンをいくらかでも上回りたい。

と思うものの・・・

42.195kmという距離はそうそう簡単には走り切れるものではないことはNAHAで痛いほどに体験済み。

「当たっちゃいました!(笑)」   と人前でほくそ笑み、
「ぐんまちゃん被って走りますよ!」 と啖呵を切ったのとは裏腹に・・・

NAHAからは体重3㎏増、そして左膝には鈍い痛みを抱えたまま。
コンディションも悪けりゃ、日頃の走りこみも全然できていない練習不足。

(うーん、このままじゃ完走も危ういぞ・・・)

そんな焦る気持ちとは裏腹に、時間だけは過ぎていき・・・
結局、なにひとつ改善できぬまま2月22日の本番当日。
そぼ降る小雨の中、都庁前の36,000という人波に流されるように飲み込まれ・・・
やがてスタートを告げる号砲。

(とにかく完走あるのみ。始まってしまったからには腹をくくろう。)
(NAHAの反省を踏まえ、周りにつられ飛ばしがちな前半は、とにかくマイペースキープ。)
(膝の痛みが出てきたら・・・気合で何とかなる?)

そんな意識を常に心掛け、新宿から市ヶ谷、飯田橋、九段下、皇居前と淡々と距離を消化。
日比谷を過ぎ、右手に東京タワーを眺めつつ最初の折り返し、15kmの品川へ。
マイペースキープの奏功かアドレナリンの分泌か、膝も問題なく、なかなかいい調子。
来た道を日比谷へと戻ればまもなく中間点通過。
沿道が一番華やかな銀座四丁目の交差点を左折したら、日本橋から北の折り返し浅草雷門へ。
30kmを過ぎるとさすがにペースが落ちてきますが、

「ぐんまちゃん!がんばってー!」

の絶え間ない声援にチカラをもらいます。
(ぐんまちゃんの認知度はほぼ100%!さすが、ゆるキャラ日本一!)

銀座四丁目に戻り、三原橋のぐんまちゃん家、歌舞伎座を過ぎたらいよいよ終盤戦。
築地本願寺前の35kmポストを通過し、入船橋から佃大橋の登りへと。

この辺りから、ついに膝に痛みを覚え・・・
どうしても歩きと走りを繰り返すことに。
できれば歩きたくはなかったのですが、膝をだましだまし前へと進みます。

臨海エリアを進み、ポスト表示は38、39、40、41km・・・
歩みは遅くとも、一歩一歩の積み重ねにより残りの距離は確実に減ってきます。

辛いながらも、最後に感じるのは東京マラソンというビッグなレースが終わってしまうことへの寂しさ。
そして、最後の195mを笑顔と眼に何か熱いもの浮かべてフィニッシュラン。
わずか3分でもNAHAのタイムを更新できたのなら一応進歩はあったものと解釈。

走り始めて丸一年。
多くの人に支えられて二度もフルマラソンを無事に完走できたことに心から感謝します。
来年も必ずや当ててぐんまちゃん被ってまた走るぞ!

TIME:5:39:38 (ネット)
[PR]
by sanzokuame2 | 2015-03-16 21:40 | RUNNING

珈琲専門店 エース

e0254331_1817080.jpg
昭和46年創業の神田の名喫茶、エース
サイフォンで点てるコーヒーは、ストレートからアレンジを含め、実に40種類。
黒のベスト姿が瀟洒な清水兄弟が交替でカウンターに入り注文をさばいています。
豊富なトーストメニューの中でもエース名物が「のりトースト(140円)」。
醤油と焼き海苔とバターの組み合わせは意外ながらも日本人なら「有り」の美味しさ。
そして、開店から正午までならブレンド(400円)はおかわり自由とか。
土曜日の朝、このセットをいただくためだけに東京に行ったのはこの私です。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-09-03 18:20 | ベツバラ

ストーン 有楽町

e0254331_17192337.jpg
その開店は1966年。
有楽町ビルヂングの完成と同時にオープンした喫茶店、ストーン
大理石と黒御影石のモザイク貼りの床と剣持勇デザインの黒い椅子。
モノクロームの空間を取り囲むのは、経年で飴色に変化した御影石の内壁。
一分の隙もない重厚さとモダンさを兼ね備えた意匠は背筋がゾクゾクするほどの美しさです。
60年代の映画007のワンシーンさながらの時間が流れるサラリーマンの聖地。
煙草の一本も吸えれば様になるんでしょうけどね・・・

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-09-03 17:33 | ベツバラ

DADA CAFE

e0254331_1525579.jpg
東京・代々木。
天を突くドコモタワーの真下に佇むのは、古い木造家屋を改装したDADA CAFE
昭和15年から呉服屋、民家と様相を変え、今は縁側の明るい古民家カフェ。
一杯の珈琲のセットメニューは、ゆるい時間と窓辺の季節の移ろい。
都心のど真ん中で昭和と21世紀が同居する代々木の隠れ家。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-09-03 15:29 | ベツバラ

緑の森のスターバックス

e0254331_235718100.jpg
スターバックス、都内初の公園内店舗。
背高の緑をバックにした店舗の美しさは、ここが都心であることを忘れるくらい。
開け放たれた大きな窓に、69席をも数えるテラス席。
開放感溢れる空間は、この清々しい初夏にこそ味わいたいもの。
開店直後、そんな空間を寡占状態で楽しむのがオススメです。

スターバックス コーヒー 上野恩賜公園店

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-05-22 00:02 | ベツバラ

高田馬場でスペインバル

e0254331_23273822.jpg
仕事帰りにサクッと飲んで帰りたい。
東京勤めであればこそ、そんな誘惑に駆られる毎日です。
長居無用の立ち飲みスタイル。
グラスワインと小ぶりのタパスがどれもワンコイン。
住宅街の片隅で、主張するのは黒い扉と控えめな照明だけ。
寄っていかない理由が見つからない、そんなバル。
その名前もまた直球ど真ん中。

TAKADAnoBAR

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-29 23:32 | 呑まれてナンボ

E6系 スーパーこまち DEBUT

e0254331_22583845.jpg
去る新幹線あれば、来る新幹線あり。
明くる3月16日、満を持してデビューしたのが、E6系 スーパーこまち。
より速く。時速320km走行を可能にしたスピード性能。
より快適に。最先端の車両技術により向上した乗り心地。 
よりやさしく。低騒音化を実現した環境性能。
より美しく。従来にない大胆なカラーと先進の車両デザイン。
何と言っても、まず目を惹くのが鮮やかな赤。
「JAPAN RED」と名付けたその赤は「なまはげ」や「竿灯」など、秋田の風土をイメージしたもの。
そんな赤い新幹線を東京駅で初見参。
盛岡から雫石、田沢湖へとひた走り、大曲でスイッチバックして秋田へと・・・
思い出深い、母の故郷でもある秋田路を疾走する姿が目に浮かびます。
いつかはこいつに乗って、乳頭温泉郷できりたんぽ鍋・・・
西木の紙風船に、大曲の花火大会・・・
秋田で比内地鶏に、しょっつる鍋・・・
はたはたの塩焼きに、いぶりがっこに、じゅんさいに・・・(結局そっちに流れる)
と、とにかく、思いは秋田へと巡ります。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-28 23:17 | プルーンとレバーの為せる業

夢をありがとう!200系新幹線

e0254331_19365129.jpg
下り とき347号
3月15日20時、東京駅22番線ホームに新潟からの「とき342号」が到着すると、待ち構えていた大勢のファンのカメラのシャッター音がホームに鳴り響いた。折り返し20時12分発の「とき347号」として新潟に向かう200系新幹線の最後の姿を記録するためにファンが集まり、隣の21番線ホームも人垣で埋まった。最後の200系新幹線に乗車する「乗り鉄」の姿も多く、カメラを片手に列車に乗り込んでいった。 JR東日本 夢をありがとう!200系新幹線より

新幹線=団子っ鼻。
幼き頃、何度となく絵に描いた0系の血筋を引く200系。
30年に渡り東北・上越と東京を結んだ新幹線が、いよいよ引退の日を迎えました。
鉄道の高速化、省力化の波には逆らえませんが、明日から走らないと思うと、やはり一抹の寂しさを禁じ得ません。
3月15日の金曜日。
早めに仕事を終え、200系新幹線の最後を迎える場所に選んだのは王子駅近くの北とぴあ
間違いなく「祭り」になっている東京駅は避け、静かにその光跡を見送りました。
夢をありがとう!200系新幹線

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-28 20:08 | プルーンとレバーの為せる業

KITTE

e0254331_17945100.jpg
3月21日、日本郵便が初めて手がける商業施設KITTEが東京駅丸の内南口のJPタワー内にオープン。
日本最大級の郵便局として1931年に建造された旧東京中央郵便局局舎をリノベーションしたKITTEは地下1階、地上6階建て。
その名称は「切手」と「来て」を掛け合わせ、「多くの人に来てもらいたい」という思いから名付けられたものです。
内装デザインは建築家の隈研吾さんによって手掛けられ、木材や瓦、織物、和紙などの伝統素材を使い、
1階アトリウムのガラス天井は折り紙をイメージするなど、日本の心地よさや奥深さが表現されています。
施設内には、日本のものづくりや心地良さを伝える98のショップ&レストランが集結。
名古屋の「矢場とん」、横浜の「崎陽軒」、金沢の「落雁諸江屋」、日本橋の「千疋屋総本店」・・・
気になるお店はいくつもありますが、まっすぐ向かったのは6階の屋上庭園「KITTEガーデン」。
遮るものなく、眼下に東京駅丸の内駅舎を丸々俯瞰することができます。
夏には夕涼みがてら、ニッポンのターミナルと行き交う列車の景色を楽しむのに絶好の場所。
会社帰り、ますます寄り道する場所が増えて困るなぁ。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-27 17:18 | プルーンとレバーの為せる業

Cherry blossoms and TOKYO SKYTREE

e0254331_21442853.jpg
写真は溜まるも記事を書く時間がなく・・・
とりあえず旬を逃さないように、桜の写真から。
満開のソメイヨシノと隅田川越しに望む桜色のスカイツリー。
ニッポンの新しい春の景色。
いつの時も、花を愛でるくらいの余裕を持っていたいものです。

More
[PR]
by sanzokuame2 | 2013-03-24 21:55 | 歳時記