電車でGO!桐生吾妻山へGO!

e0254331_22443397.jpg
土曜日はブロガー有志で桐生の吾妻山へ。
いつもならマイカー分乗で向かうところですが、今回はオール鉄路で。
高校卒業とともに車社会にデビューせざるを得ない群馬県民。
県内を鉄道だけで移動するのは、いつ以来か?とにかく新鮮な気分です。
各自最寄り駅から時間を合わせ両毛線の前橋駅に集まり、中央前橋駅から上毛電鉄に。
徐々に姿を変える赤城を左に眺めながら、一時間弱で西桐生へ。
今回のステージは、多くの桐生市民に親しまれている吾妻山(481m)。
ここをトレーニングの場として、登山を日課としている人も多いそうです。
駅前から吾妻公園を目指し、公園内の登山口からはいきなりの岩場。
直登に巻道、それぞれのペースで標高を稼げば、最初のビューポイントは中腹のトンビ岩。
桐生の街並みを眼下に、遠く南東に目を凝らせば東京スカイツリーに新宿副都心。
ひと汗かいて山頂を踏めば、展望はさらに広がり多摩の山並みにポッカリと真白き富士の頂。
秩父山地に邪魔され、普段は決してその姿を見ることのできない西毛住民にとって富士は特別な存在。
白く輝く高貴な姿、思わず拝みたくなる絶景がそこにありました。
山頂からは北に急な階段を下り、女吾妻から村松峠経由で再び吾妻公園へ。
途中、杉林の中でのランチタイムを入れて二時間半ほどのファミリーハイク。
心地良い汗をかいたあとは、織物の小京都・桐生の街並みをのんびり散策。
ノコギリ屋根のベーカリーカフェでひと息入れて、最後は昭和レトロな銭湯でまったり。
来た鉄の路を戻れば、前橋の街にはすっかり夜の帳が下りていました。
ガタンゴトンと揺られながらのショートトリップ。
マイカーの小さな空間では決して味わえない、一体感とゆるさが魅力です。
さて、次は何線(これが一番大事)でどこ行こうかな?



e0254331_2244599.jpg
e0254331_22451675.jpg
e0254331_22453327.jpg
e0254331_22455087.jpg
e0254331_22461746.jpg
e0254331_22463682.jpg
e0254331_22465437.jpg
e0254331_22471056.jpg
コントラストを強調すると・・・
e0254331_22484639.jpg
e0254331_2249267.jpg
こちらもコントラストを強調すると・・・
e0254331_22494381.jpg
e0254331_2250330.jpg
e0254331_2250203.jpg
e0254331_22503748.jpg
e0254331_22505552.jpg
e0254331_22512774.jpg
e0254331_22514528.jpg
e0254331_2252656.jpg
e0254331_22522545.jpg
e0254331_22524431.jpg
e0254331_225314.jpg
e0254331_22531693.jpg
e0254331_22533451.jpg
e0254331_22535389.jpg
e0254331_22541033.jpg
e0254331_22542630.jpg
e0254331_22544490.jpg

[PR]
by sanzokuame2 | 2012-02-14 23:19 | 彼方此方にて | Comments(18)
Commented by nekonomomo at 2012-02-14 23:36
吾妻山からの眺め良いですね!
のこぎり型のケーキ?美味しそう。
鉄分補給出来るし是非チャレンジしてみたいコースです♪
相変わらず、ニャンコ遭遇率高くて羨ましいです(笑)
Commented by 穂高ファミリー at 2012-02-15 01:22 x
見慣れた景色や風景の中に1枚、
燦然と輝きを放つ新鮮な景色が・・・・
一の湯さん内に描かれた素敵な山の絵。
一番目を引かれたのはこれだったりします。^^
桐生は大好きな街のひとつ。
魅力的なお店もいっぱいなので、わが家もよく行くのですが、
子供が小学校に入学する前には何度か行った吾妻山。
こちらはすっかりご無沙汰しています。

そして!! 内容が内容だけに思わず〝フライング〟しちゃいますが、
この翌日のレポ、三束雨さんがどう表現されるのだろうと、
今から気になって気になって・・・・^^
二大巨匠がご一緒されたと聞いては、
無理してでも参加するんだったなぁと後悔しきりです。
Commented by よっちゃん at 2012-02-15 02:49 x
昔懐かし風景が飛び込んで来ました。
吾妻山山頂から天気が良ければ東京スカイツリーが見えるんですね。
昔、高校の頃は部活でこの山の山頂まで下の吾妻公園から走って
登ってました。
本町1、2丁目の景色も懐かしいです。
昔、上電の西桐生駅の近くに住んでいたので電車の音が時計代わりでした。
今ではもっぱら赤城駅から西桐生へは桐生での飲み会に。
中央前橋へはザスパの定番ルートになってます。
Commented by べし at 2012-02-15 03:27 x
西桐生から丸山下まで運賃五円
昭和36年の頃 堅い紙切符....  
Commented by りんりん at 2012-02-15 11:47 x
今回は、ずーずーしく参加させていただき、ありがとうございました!
皆さんの仲間に入れていただき、嬉しかったです。
富士山まで見えるとはびっくりしました。
見慣れた桐生の町並み、いつもいいなぁとは思ってますが、
三束雨さんの写真で見ると、ますます素敵に見える~。
何回も眺めてます。ありがとうございました!
Commented by つぶ at 2012-02-15 21:34 x
これまた、一気に載せましたね~!!
そうか!コントラストを強調させれば、遠くの景色がはっきりと…
スカイツリーだって、こんなに~(>▽<)
三束雨さんは、永遠に私の「師匠」です♪
写真も、おいしいもんの知識も…(笑)

今回も、幹事さんとしての調整…電車の時間まで確認してくださり、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします(えっ…(笑))
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-15 22:07
>nekonomomoさん
ケーキのようなパンのような・・・
ちなみにサンドされてるのは水ようかんです!
これ美味しかったなぁ♪
家政婦なニャンコ、いいでしょ。^^
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-15 22:07
>穂高ファミリーさん
河童橋のようなカナダのような・・・
どこか不思議なタイル絵でした。
銭湯巡り、ライフワークにする趣味も判りますね。
で、翌日のレポはレポにならないド素人っぷりですのでNOT乞うご期待です。^^;
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-15 22:07
>よっちゃん
桐生って県内のどこよりも山の町って感じですね。
ちょっと住んでみたい町になりました。
今度は飲みに来たいなぁ。^^
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-15 22:08
>べしさん
硬券を期待したんですけど、さすがに自販機でした。
それでも鋏を入れてもらうんはうれしかったです。
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-15 22:08
>りんりんさん
思わぬかたちでご一緒できてうれしかったです。
いつもあんな感じでゆるゆるとオフ会してます。
ぜひまた機会がありましたらお声かけします。
次は桐生グルメ編でコーディネートしてもらおうかな?^^
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-15 22:09
>つぶさん
ある意味、手抜きの一気です。^^
スカイツリー、展望台の形もしっかり写ってるとはビックリでした。
次はベツバラだけでなく、がっつり桐生グルメ編にしたいなぁ。^^
Commented by koshi-tama at 2012-02-16 00:00
土曜日は急遽キャンセルになってしまい、すみませんでした。

おぉ~、群馬からスカイツリーも富士山も見られるんですね!!
なんか不思議な感じです^^;
見たかったなぁ。
Commented by masa at 2012-02-17 01:31 x
ブリキのおもちゃみたいな上毛電鉄のフォルムが最高。
天候に恵まれてよかったですね~☆
こんな風に一日を遊び通すのってイイですよね。
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-17 20:24
>こしたまさん
今回は残念でしたね。
でもまたすぐに企画しますので。^^
リクエストあらばなんなりと!
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-17 20:27
>masaさん
井の頭線のおさがりなれど、なぜか赤城山としっくりくるから不思議です。
いつの日か、夜明けから深夜まで思いっきり遊び倒しましょうね。^^
Commented by dr_suzuki at 2012-02-20 15:38
次は太田方面で(笑)
Commented by sanzokuame2 at 2012-02-22 04:04
>すずきさん
ぜひその時は現地ガイド役を!
ランチは、あの黒い焼きそば?^^


<< 初めての探鳥会 青い星釜の安中貨物 >>